愛知県刈谷市の古墳

神社 > 古墳 | 愛知の歴史探訪 > 刈谷市

古墳 - 愛知県刈谷市の古墳の特徴

この地域における古墳の造営は五世紀代までは一基も造られなかったとされ、六世紀から七世紀の後期古墳に属します。 そしてこれらの市内の古墳(6基)はすべて境川の流域に造られました。 築地・八ッ崎一・ニ号墳・小垣江古墳は正式な調査をされることなく耕地開発などにより破壊されてしまいました。 刈谷市内にある古墳は井ヶ谷古墳以外は墳丘(ふんきゅう)が低かったそうです。 これら古墳時代に刈谷市の市域内に造られた古墳はすべて小規模のものあでり、権力を象徴するような遺物は古墳やその他の遺跡からも出土していないところから、一般民衆にとっては過酷な支配関係は成立していなかったと結論づけられています。 石室に天板石がないことがその理由としてあげられております。 また、市内には天板石に使える大型の石は産出しない事に起因しているようです。 すべての古墳は滅失しており現存しているものはありません。
古墳時代の人々は弥生時代と同じように沖積台地の農耕地近隣に集落を形成して暮らしていました。

愛知県刈谷市の古墳一覧

愛知県刈谷市井ヶ谷古墳 築地古墳 ハッ崎一号墳・二号古墳
泉田古墳 小垣江古墳  

上へ戻る

 
 

本サイトの掲載内容を無断で複製・転用・配布することを禁止します。著作権は本サイトにあります。

Copyright 2017 愛知の歴史 All Right Reserved.

古墳 - 愛知県刈谷市