古墳 | 愛知の歴史探訪

古墳トップ > 岡崎市

古墳 - 愛知県岡崎市の古墳の特徴

西三河で豊田市に次いで多くの古墳がありました。その数は150基。

ビンカ山一号墳 - 愛知県岡崎市大西町

概要

現存。明大寺・大西丘西丘陵の古墳群はこの古墳以外は全て滅失。

出土品

況真楫担錣出土。

丸山・洞地区の古墳群 - 愛知県岡崎市 丸山・洞地区

概要

神明宮1・2号墳は六世紀後半の古墳で石室あり。出土品は、馬具・武具など多数・況拭Ν祁真楫担6点・鉄鏃・大刀・刀子・耳環(じかん)・丸玉。

出土品

塚廻1・2号墳・亀山4号墳・村上古墳・神明宮1・2号墳が現存している。
亀山2号墳からは、須恵器・土師器・大刀・馬具・朱の痕跡がある砥石(といし)珠文鏡(しゅもんきょう)画文帯紙獣鏡(がもんたいしんじゅうきょう)が出土している。

細川・仁木地区の古墳群 - 愛知県岡崎市 細川・仁木地区

概要

上平古墳・年重古墳が現存。石室あり。

出土品

石田一号墳からす駅と耳環が、二号墳からは須恵器・土師器・ガラス製臼玉・水晶製切子玉が出土している。

真福寺川流域の古墳群 - 愛知県岡崎市 真福寺川流域

概要

中ノ坂1・4・6・9号墳が現存。 なかでも中ノ坂一号墳は比較的良好に保存されている。

阿知知と百々の古墳 - 愛知県岡崎市

概要

現存せず。

蔵西古墳 - 愛知県岡崎市蔵

概要

現存。

天神山古墳群 - 愛知県岡崎市天神山

概要

岩津天満宮の東側の天神山丘陵にある九基の古墳。 すべて現存。

上へ戻る

 
 

本サイトの掲載内容を無断で複製・転用・配布することを禁止します。著作権は本サイトにあります。

Copyright 2017 愛知の歴史 All Right Reserved.

古墳 - 愛知県岡崎市